不動産をご近所に内緒で売却したい!おすすめの媒介契約をご紹介

不動産をご近所に内緒で売却したい!おすすめの媒介契約をご紹介

ご近所に気付かれず、内緒で不動産売却をしたいと考える方は少なくありません。
誰にも気付かれずに売却することは可能なのでしょうか。
今回は、周囲に知られず内緒で売却するための売却活動や、媒介契約について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

ご近所に内緒で不動産売却をするのは難しい?

周囲に内緒で売却をおこなうことは、簡単ではありません。
売却していることが知られる可能性は、次のような売却活動をおこなうことが原因です。

広告掲載

不動産売却では、購入を希望している方に情報を提供するため、広告掲載をすることが一般的です。
インターネットやポスティング、折り込み広告や店頭広告など、さまざまな媒体を使って広告掲載がおこなわれます。
掲載された広告が近所の方の目に留まり、売却していることがばれてしまう可能性があります。

内見希望者の来訪

購入希望者が内見に訪れることによって、売却中であることに気付くケースがあります。
不動産会社の人と購入希望者が次々と訪れていれば、内緒にしておくことは難しいかもしれません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

内緒で不動産売却をするために知っておきたい媒介契約

不動産売却をする際は、売却を依頼する不動産会社と媒介契約を締結することになります。
媒介契約には3種類あり、それぞれ次のような特徴があります。
専属専任媒介契約
依頼できるのは1社のみで、自ら見つけた買主との直接取引ができません。
レインズに5営業日以内に登録し、1週間に1回以上の販売状況報告をおこないます。
専任媒介契約
依頼できるのは1社のみで、自ら見つけた買主との直接取引ができます。
レインズに7営業日以内に登録し、2週間に1回以上の販売状況報告をおこないます。
一般媒介契約
複数の宅建業者に依頼することができ、自ら見つけた買主との直接取引が可能です。
レインズへの登録義務も販売状況の報告義務もありません。
レインズとは、登録している全国の宅地建物取引業者が物件検索できる不動産情報サイトのことです。
専属専任媒介と専任媒介はレインズへの登録義務があるため、売却情報が他社に伝わりますが、その分早く売却できるメリットがあります。
専任媒介契約なら親戚などが購入することになった場合でも直接取引することができ、周囲に気付かれずに売却することも可能です。
周囲に気付かれずに売却するためにも、売却活動について不動産会社と頻繁に連絡が取りあえる、専属専任媒介契約や専任媒介契約がおすすめです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

ご近所に気付かれずに内緒で不動産売却をすることは、なかなか難しいことかもしれません。
専属専任媒介契約や専任媒介契約なら、売却活動について頻繁に相談しながら進めることができます。
周囲に気付かれずに売却をしたいとお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。
東京都新宿区をメインとした不動産の売却をご検討中の方は、「株式会社アダチ」の無料査定依頼をご利用ください。
また、今すぐ現金化したい、スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。


タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ