不動産売却時に火災保険を解約するタイミングを解説!保険料は返還される?

不動産売却時に火災保険を解約するタイミングを解説!保険料は返還される?

不動産売却時には手続きや引っ越しで忙しく、火災保険の解約をつい忘れてしまう方もいるかもしれません。
解約することでお金が返還される可能性もあるため、ぜひ火災保険の解約について知っておきましょう。
今回は不動産売却時の火災保険解約のタイミングや、保険料が返還されるケースについて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に火災保険を解約するタイミングを解説!

不動産売却後に火災保険の解約をおこなうと、支払った保険料が戻ってくる場合があります。
ただし、不動産売却後に自動で火災保険が解約される訳ではないため、自分で解約の手続きをしなければなりません。
不動産売却時の火災保険の解約のタイミングは、物件の引き渡し後です。
不動産売却では、売買契約から物件の決済と引き渡しまで1か月ほど時間が空くことが一般的です。
その間に、火災保険を解約しないように気を付けましょう。
なぜなら売買契約から引き渡しまでに、火災や水害などで物件に損害が生じた場合、売主側が修繕をしなければならないためです。
契約後代金支払い前の商品に損害が生じた場合、どちらが負担を負うかという「危険負担」について、不動産取引では売主側が責任を負うと契約書に記載することが一般的です。
そのため売買が成立したからといって急いで火災保険の解約をすると、引き渡しまでの間に災害や事故などで物件に損害が生じた場合、売主が自腹で修繕をおこなうことになります。
また台風や水漏れなどにより被害に対しても、火災保険が適用される場合があります。
引き渡し前に火災保険で直せるところはないか、チェックしておきましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に火災保険が返還されるケースとは

火災保険は解約した際に、支払った保険料が返還される場合と、返還されないケースがあります。
返還されるケースは下記のとおりです。

  • 長期一括契約で支払っている
  • 火災保険の残存期間が残っている

火災保険は長期一括契約で支払うと保険料が安くなるため、長期一括契約を選択する方も多いです。
長期一括契約をしていても残存期間が残っていなければ、保険料の返還はありません。
火災保険料は、残りの期間に応じて返還されます。
解約の際は、加入している保険会社か契約した代理店に連絡をして解約の手続きをおこないます。
火災保険の解約が遅れても問題はありませんが、遡って解約することができません。
決済後は火災保険の解約を忘れず、早めに手続きをおこないましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却後に火災保険の解約をおこなうタイミングは、決済と引き渡しがおこなわれた後です。
残存期間に応じて保険料の返還があるため、火災保険の解約を忘れずおこないましょう。
東京都新宿区をメインとした不動産の売却をご検討中の方は、「株式会社アダチ」の無料査定依頼をご利用ください。
また、今すぐ現金化したい、スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。


タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ