住みながら不動産を売却できる?住みながら売る方法と注意点を解説

住みながら不動産を売却できる?住みながら売る方法と注意点を解説

不動産を住みながら売却することはできるのでしょうか。
結論からいえば、住みながら不動産を売却することは可能です。
ただし、一般的には空き家の状態で売却するほうが売れやすいといわれています。
そこで今回は、東京都新宿区を中心としたエリアで不動産売却をご検討中の方に向けて、住みながら不動産を売却する方法のメリット・デメリット、注意点を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産を売却する方法のメリット・デメリット

不動産を住みながら売却する方法のメリット・デメリットをご紹介します。

住みながら売却するメリット

住居にかかるコストを抑えられる
新居に移り住んでから売却をおこなう方法では、新居の購入費と今の家のローン返済などで二重にコストがかかってしまいます。
一方、住みながら売却する方法では、住居にかかるコストが二重にならないうえ、売却で得た資金を新居の購入や引っ越し費用に充てることができるのです。

住みながら売却するデメリット

内覧時に生活感がでてしまう
住みながら売却する方法では、内覧時にどうしても生活感がでてしまいます。
生活感がありすぎる不動産は、購入意欲を下げてしまう可能性があるのです。
急に内覧の依頼が入る
内覧の予定はいつ入るかわかりません。
とくに内覧希望が多くなる週末は、行動を制限されてしまうかもしれません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産売却を成功させるコツと注意点

不動産売却を住みながら成功させるには、次のことに注意すると良いでしょう。
いつでも内覧可能にしておく
急な内覧依頼に応じるため、週末の予定はできるだけ空けておくほか、徹底的に掃除や片付けをしたあとは綺麗な状態に保っておくことが大切です。
マンションの場合は、エントランスや集合ポストなど共用部分にも目を配っておく必要があります。
におい対策
住んでいる方には気にならない家のにおいも、内覧者には気になるものです。
内覧前には換気をしっかりとしておき、芳香剤なども活用すると良いでしょう。
内覧中はその場に居続けない
内覧者に挨拶と物件の魅力を伝えたあとは席を外すと良いでしょう。
売主が近くにいると遠慮がでて満足のいく内覧ができず、購入を見送られてしまう可能性があります。
このように、住みながら売却を成功させる最大のポイントは「内覧の成功」といえます。

売却後も住み続けられるリースバック

リースバックとは、専門の不動産会社へ売却したあとに賃貸借契約を結び、家賃を支払うことで家に住み続けることができる売却方法です。
急に資金が必要になったり、住宅ローンの返済が厳しくなったりなどの理由で不動産売却をお考えの方は、一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産に住みながらの売却には、メリットとデメリットの両方があります。
売却時に気を付けたいポイントもあるため、不動産会社と相談しながらご自身に合った売却方法を選びましょう。
東京都新宿区をメインとした不動産の売却をご検討中の方は、「株式会社アダチ」の無料査定依頼をご利用ください。
また、今すぐ現金化したい、スピーディーに不動産を売りたいなどご要望がございましたら買取のご提案もできますので、お問い合わせの際にお気軽にお申し付けください。


タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0364573908

営業時間
10:00 ~ 18:00
定休日
土・日・祝日

安達孝一の画像

安達孝一

部署:本店

資格:宅地建物取引士、定期借地借家権プランナー、 2級ファイナンシャルプランニング技能士、 日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント、 日本仲人協会 マリッジアドバイザー

日々、情熱・魂(ゲミュート)・鋼鉄の意志で生きています。

安達孝一が書いた記事

関連記事

不動産売却

売却査定

お問い合わせ